会社変更手続き(商号変更・事業目的変更・本店移転・増資・役員変更・代表者住所変更等)に関するご相談は、熊本の行政書士事務所WITHNESSへ。

HOME » 役員変更手続き » 未成年が取締役になる場合

未成年が取締役になる場合

未成年者は、取締役の欠格事由には該当しませんので、取締役になることができます。
ただし、親権者双方の同意は必要となりますので、相応の添付書類が必要となります。

取締役会を設置しない会社の場合

15歳未満の場合

設立時取締役が就任を承諾したことを証する書面に実印を押印し、印鑑登録証明書を添付しなければなりません。従って、印鑑登録証明書を取得できない15歳未満の方は取締役になることができません。

15歳以上の場合の添付書類

  • 本人の印鑑登録証明書
  • 親権者双方による同意書(親権者双方の実印を押印)
  • 親権者双方の印鑑登録証明書
  • 戸籍謄本
  • 取締役会を設置する会社の場合

    15歳未満の場合

    印鑑登録証明書を提出するのは代表取締役のみとなりますので、法務局では、取締役の年齢を確認する術がありません。ですから、登記手続き上は何歳であろうと取締役になることができますが、取締役としての能力や、責任能力、対外的な信用度などの点で問題が生じることが予想されますので、15歳未満の方が取締役になるということは一般的ではありません。

    15歳以上の場合

    印鑑登録証明書を提出するのは代表取締役のみとなりますので、上記同様、法務局では、取締役の年齢を確認する術がありません。ですから、登記手続き上は特に添付しなくてはならない書類はありません。

    ※各法務局により取扱いが異なる可能性がありますので、登記申請の前に司法書士若しくは管轄法務局へご確認ください。

    → 日本政策金融公庫や信用保証協会からの融資・資金調達でお悩みの方はこちら

    銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

    ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。

    売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

    • 業界最低水準の手数料
    • 徹底した秘密厳守
    • 最短1日でのスピーディーな資金化
    • 償還請求権なし(ノンリコール)
    • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
    • 2社間取引

    ファクタリングとは?

    お問い合わせはこちら

    行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
    代表者 行政書士 渡邉 徳人
    所在地 熊本県熊本市新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
    TEL 096-283-6000
    FAX 096-283-6001
    E-mail info@withness.or.jp
    営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

    powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab